秩父宮ラグビー場 トップリーグ順位決定戦


1月24日、秩父宮ラグビー場で行われたラグビートップリーグの決勝 『パナソニックvs東芝』は、27―26という1点差でパナソニックが3連覇を果たしました。

パナソニック 薄氷3連覇 後半ロスタイムに1点差…負け覚悟 スポーツニッポン

W杯での日本代表活躍で、テレビのお正月特番などは、シーズン中にも関わらず、選手たち太バラエティー番組出ずっぱり。
まさに、史上空前のラグビー人気といっても過言ではありませんでしたが、そんな中で迎えた決勝は、24577人と超満員でチケットは完売

試合も大接戦で、2019年に東京で開催されるラグビーW杯へ、弾みがついたといえそうです。

とはいえ、もちろん手放しで喜んではいられないようで、今季のトップリーグ総入場者数は、確かに歴代最多の49万1715人(1試合平均6470人)だったそうですが、開幕戦では、チケットは完売していながら、協会側の見積もりが甘かったために、実際のスタンドは空席だらけという事態が発生して、マスコミにも取り上げられました。

急なフィーバーに、日本ラグビー協会も舞い上がったのかもしれませんが、チケット管理はイベントの基本中の基本。

とはいえ、終わりよければすべて良しで、この勢いを来期につなげられるように、してほしいですね。

ラグビー観戦ガイド


ちなみに、トップリーグの試合に行くと、プログラムと一緒にかわいいイラストで描かれたルール解説のミニパンフレットをくれるのですが、これは素晴らしいアイデアです。